ケースで保護する

ネジをまわす

あることで落として本体を壊してしまうことがありますが、それを防ぐためにもケースは必要です。デザインの種類も豊富に展開されているので、通販やお店を通して選んでおくことが大切です。

状態を重視

電源を入れる

基本的に、汚れや傷の少ない新品に近い状態のiphoneほど高く売ることができますが、逆に汚れがひどかったり液晶画面に傷が多い本体は安くなってしまうのです。そのため、クリーニングなどの対策が大切です。

デザインの変化

基盤を作る

iPhone6のケースは、とても品揃えが豊富になっています。デザインが大きく変わったiPhone5のときとは、比べものにならないくらいにあります。 気に入ったものを通販やお店で見つけておきましょう。