デザインの変化

基盤を作る

ケースにおいて、注意点があります。 一つ目は、iPhone6の角と、サイズチェンジによって出た問題です。 iPhone6は、前機種から大きくモデルチェンジし、サイズが大きくなりました。また、角が少し丸くなりました。そのため、一部のシリコン素材のケースで、本体から外れやすくなってしまったものが出たのです。シリコン製のものは、衝撃吸収性がいいのですが、使用には向かないものもあります。 また、ケースが薄すぎるのもあまりよくありません。 iPhoneのカメラレンズは、基本的に少し出ているので、保護ができなくなる場合があります。 薄いケースは外れやすくなる原因にもなるので、使用には注意が必要です。

iPhone6のケースにもいろいろな種類があり、自分の使い方によって使い分けることができます。 まず、レザーなどの手帳型ケースなどがあります。見た目がいいわりに、機能も充実していています。ものによってはポケットなどもあり、よく使うカード類なども入れられるので便利です。ルックスを重視するだけでなく、機能も重視する人にオススメです。 次に、キーボード付きケースです。iPhone6に限らずスマートフォン類は、文字を打ちにくいということが、欠点でよく挙げられます。しかしキーボード付きは、欠点をカバーしていて、とても便利になります。ビジネスなどにも使いたい人や、初めてガラケーからスマートフォンにかえる人にもお勧めです。